徒党を組む

DSC_1867_234737

昼下がりの裏通り。徒党を組んで闊歩。

沖縄は独身時代も含めて、数え切れないほど行っている。写真を趣味とする前から、ふらっと一人旅で。訪れた離島の数も結構なものになるかと思う。この空気感が好きなんですよね。

一方で、前回の投稿でも触れたけど、シンガポールのようなピカピカすぎる街って気持ちが上がらない。写真を撮ろうというタイミングが減る。

かといって、今となっては子供が三人もいると、ただ朽ちた雰囲気のある下町を休日に散歩して撮影しまくるなんて時間は許されない。そこで、街に雰囲気がありつつも、海と空とプールがあって子供も満足できる沖縄は最高なわけです笑。

国際通りのちょっと裏側に一本入るだけで、ガラッと雰囲気変わりますしね。猫も多いし。この写真はだいたい10年前にNIKON D800E で撮影したもの。コロナ後にインバウンドが回復したとしても、この雰囲気は変わらないで欲しいな。



+1

竹富島と再起動

SIGMA dp0 Quattro

数年前に竹富島にて。

ずいぶん写真撮影からご無沙汰していたけど、
再起動しようと思っている。

ところがどっこい、今は、
レンタルのGooPassを利用してて、
カメラは1台も所有していない。

そこで迷うのが、やっぱりカメラ選び笑。
そしてそれが楽しいのだけど。

・FUJIFILM GFX系
・Leica Q2(モノクローム含む)
・NIKON Z系
・ハッセルの907


このあたりで悩んでいる。。。
まず、
「中判やモノクロームなど突き抜けたカメラが欲しい」
という緩い条件がある。

ただし、907は
「センサー部分が外れて落下する現象」があるそうなので、
実質、却下か・・・。
(70万円のカメラが突然落下とか寿命縮みそう)
この問題が無かったら予算はオーバーだけど、真剣に考えていたかも。

次にGFX系では50Rが中判センサーにしてはバーゲン価格なんだけど、
一度所有していたことがあるからなあ…。
となると、やっぱり手振れ補正が魅力的だから100Sか…。
しかし、値段が…。あと、50Rよりも重い。
でも、フジのフィルムシミュレーションは魅力的。

Q2はどうせ買うなら突き抜けてモノクロームかとも思うけど、
今購入するとそのカメラ一台しかないから、
子供たちの記録も兼ねるならカラーか…。

NIKONのZ系は中判でもモノクロでもないから条件から外れる。
しかし、一度も所有したことないマウントだし、
他の方のブログ見ていると、素晴らしい写真が多い。
あと、中判やライカに比べるとレンズが安い。
でも、中判やモノクロームに比べると、
ちょっと妥当な感じが強いか・・・。
あとニコンのフィルムシミュレーションは気持ちが盛り上がらなさそう笑。
(それぞれのシミュレーションのネーミングがなんかね…)

一番いいのは、GFXの100Rというのが、
今すぐ出てくれればなあ。

今回、再起動にあたって
iMacなどもリニューアルしようと思っているので、
その辺の予算のパズルがまた難しいのだ。

ああ、結論がでなくて、困っちゃうなあ・・・。
楽しくて、困っちゃうなあ・・・。