台北の扇風機

DSC_3653

10年前は台北で、お茶を飲んでいた…らしい。
ほぼ忘れてたけど、写真を見て思い出した。
写真は2012年に撮影したもの。

電源のケーブルまできちんと緑っていうのがいいよね。

旅をする理由って、人それぞれだと思うけど、
非日常も理由の一つだと思う。
その点、台湾はよかった。
そこそこの観光地でお茶を飲んだんだけど、
内装から設備まで、前時代的で、
うれしかった。

沖縄もインバウンドが増える前までは、
国際通りの裏側なんか歩くと、
今よりも、もっと、非日常を感じられた…。
野良猫もたくさんいたし。
まあ、気のせいかもしれないけどね笑。
実際にはさほど変化していないのかも。

なぜ、10年前の写真をアップしたかというと、
NASを導入することになり、
いよいよ古いハーディスクを整理しようと、
昨日の夜から選択と削除の作業に
取りかかっていたのです。
その作業の中で、いろいろと、
古い写真を発見。
面白いね。古い写真見るの。

10年前は、
NIKONのD800Eとか使ってんだよな〜。
完全に自分にはオーバースペックで、
持て余していたけど。
今、Z7選ばないもんな。

さてと、NASの機材が届いたから、
セッティングしてみるかな。

+1

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. ぼくは子供を撮る機会も減ったし、子供以外の写真は殆ど捨ててしまうのでデータ管理は適当ですが、
    お子さんが3人も居て、フルサイズや中判のカメラを使われるとなると写真の管理は何かと大変そうですね。
    子供を撮った古い写真や動画をたまに見ると、写真撮影を趣味にしていて良かったと思います。
    こんな写真撮ったけ?なんて面白い写真を見て、ひとりでクスッと笑ったり。
    うちの子もそのうちヒゲが生えてくるかもしれないし、
    可愛いうちに出来るだけ写真を撮っておこうと思います(笑)。

    0
    1. Okadaさん

      コメント、ありがとうございます〜!

      私は、むしろ、「適当」の極地になりすぎて、ボツ写真を捨てるというワンクリックを、その都度、してこなかった結果、今、積年の不作為が、自らに押し寄せています笑。本当に整理&削除が大変です笑。

      しかし、

      「写真撮影を趣味にしていて良かったと思います。」

      ここは、本当にその通りで、亡くなってしまった家族とかもけっこう写っているので、写真を趣味にしていて、ほんとうによかったなあ、って思います。。。

      「こんな写真撮ったけ?なんて面白い写真を見て、ひとりでクスッと笑ったり。」

      これ、すごくわかります笑。

      あと、90%以上、あるいは95%以上は、シチュエーションや、人物を覚えているんですが、ごくまれに、

      「この人だれ?」

      という人がいたりして笑。
      そういうのも面白いです。

      0
コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA