ロング・グッドバイ

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.8 S強化


ザリガニを最後にリリースする時、心なしか大きく手を振ってくれた気がした。「いつかまた捕ってくれよ」と…。また会えるかな。
(たぶん会えないし、会っても識別できないし、確実に捕ってほしくないはず笑)

ちなみに、LightRoomクラシックがAppleシリコンにネイティブ対応したというので、アップデートしてみた。ついでに、スーパー解像度も使いやすくなったっぽいから、初めてこの写真で使ってみた。すごいね笑。なんでもかんでもというよりは、写真を選びそうな機能だけど。特にザリガニが嫌いな人はザリガニの写真に使っちゃダメだね笑。「スーパー解像度」の機能自体が、プリセット的な感覚か?まだ、使い始めて数分だからわからんけど笑。(最初の投稿の画像があまりに重たくて表示が遅いのでこのブログではやや軽めのやつを表示しています。画像をクリックしてフリッカーに移っていただければ、拡大して見られると思います。多分)

それにしても、flickrなどの定額で容量制限のない写真データ共有サイトは、Adobeのこの機能、やっかいだと思っているんじゃないだろうか笑。



いかくのしすぎ

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.8 S


巨大なザリガニさん、子供たちに囲まれると両手のハサミを大きく広げて、精一杯の威嚇をし始めたんだけど、あまりに手を広げて威嚇をしすぎたために、後ろにコテんと、倒れてしまったのだった。威嚇もホドホドにってことですね笑。



ザリガニすごい

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.8 S


今日は、朝もはよから子供たちと、他の家族と一緒にザリガニを取りにいった。自分が子供の頃もよくザリガニを取ったけど、ザリガニのバイタリティというか、生命力の強さって、すごいよな、って思う。

実際、23区内でもザリガニのやつは、けっこういるんだよなあ。
ちょっと前に、今日の場所とは別のザリガニがいる公園に行ったんだけど。でも、そこは取りに来る家族がたくさんいるし、そのわりにザリガニも少なくて。まあ、整備されたビオトープ的なエリアだったから。なので、東京ってこんなもんか、って思ったんだけど。

ところが、前回そこに行った時に一緒に行った他の家族のパパが「この近くに、ここよりスゴイところがあるんで今度いきましょう」と、目を光らせたんですよね笑。で、今日、そのパパたちと一緒にいった場所は、ザリガニだらけ。他には人ががほとんどいなくて、日陰だし水も綺麗で。子供たちも大喜びだった。(最後は取ったザリガニを持ち帰らずリリースしました)

これ書いてて思い出したけど、自分が小学校の時にザリガニがうじゃうじゃいて、よく取りに言っていた小川(実際にはほぼ大きなドブ川だけど笑)って、どうなったんだろう?って、高校生くらいの時に見に行ったら、すげー水が汚くなっていたショックを受けた記憶がある。あきらかに生物、住めねえだろ、くらいの汚れになってて。ふと、その時の記憶が蘇った。