夕暮れ電車。HASSELBLADで。

夕暮れ電車。
HASSELBLAD X2D 100Cで。

今日はなんと、1日で2回もHASSELBLADのX系ユーザーとすれ違った。お一人は、ずばりHASSELBLAD X2D 100Cを首からぶら下げていて、自分も首からぶら下げていたので、ちょっとびっくりした笑。なので、恥ずかしくてナンパもできない自分ですが、条件反射的に話しかけていた笑。ベルギーから来た方で、レンズも55mmを所有していて共通する部分が多かった笑。私は英語はほとんどできないですが、相手の言っていることはなんとなくわかります。というか、話題がカメラだからだと思いますが笑。「90mmがなかなか発売されない」と、ぼやいていたので笑、「日本も同じですね」みたいなことを言っておいた笑。

「HASSELBLAD X2D 100Cを首からぶら下げた二人がすれ違うことは、もう人生でないだろうな」と思っていたら、同じ日の夕方、同じ渋谷の明治通りの、ほぼ同じような場所でX1系のユーザーの方と遭遇。あまりにびっくりして、「今日、ハッセルのX系のユーザーとすれ違うのは2回目なのです!しかも、1回目もこの近くで!」と興奮して幕して立てるように話してしまって苦笑。本来なら、相手のかたも警戒しそうなものですが、「では、あと一人に遭遇して、三人と会ったら、何かいいことがあるかもですね」と優しく返してくれた笑。(自分が、自分のように「ガタイのいいスキンヘッドのおじさん」に突然話しかけられたら、そのように優しく返す自信はないので、本当に感謝ですね笑)

しかし、こういうことってあるんだな〜。Leicaでも、同系統のカメラを首からぶら下げてすれ違うことって今までほとんどなかったけど、それよりもかなり少なさそうなハッセルブラッドで1日に2回って…。

ナンパはおろか大して社交的でもない自分が、1日に2回も、しかもお一人は外国の方なのに、こちらから話しかけたと思うと、写真&カメラの趣味ってすごいなと思います笑。

て。HASSELBLAD X2D 100C

もう「てって」とか「おてて」とかを、通り過ぎてるかも…。「手」に近づいてるのだった。成長は嬉しいけど、ちょっと寂しい。言わなくても、電車で外を見るときは靴を脱ぐようになったしね。

やや意外だけど、HASSELBLAD X2D100Cは家族写真にもぴったりなのでした。

(今日は「サーバー直アップバージョン」のみにしてみた。ただしクリックでflickrに移動)

花。HASSELBLAD X2D 100C

フェンスから飛び出す花。
そのへんに咲いてる花を撮るのが好きなんです。
Hasselblad X2D100Cと XCD 55mmの組み合わせで。

X2D100Cのレビューを書きたいなと思いつつ、連休前は仕事が切羽詰まりすぎて難しいかも。というか、そもそも私のレビューは超絶フィーリング優先なので「すばらしい!」の一言で終わりそうだけど笑。

そして今日も、「ファイルのサーバーへの直アップ」と「Flickr経由」の両方をアップしてみた。上の一枚目がサーバーに直アップで、下がFlickr経由。なんか、気のせいかもしれないけど、Flickr経由のほうは、中央右側のピントの合った花の白い細い花びら的なところが、はっきりと見えるような…。気のせい?
すくなくとも、ほぼ同じな見た目だから、心配なのは「Flickrの運営元としての永続性」だけだし、一方でサーバーへのアップは容量を食ってしまうので、しばらくは従来のようなFlickrだけにしようかな…。

HASSELBLAD X2D 100C XCD 2,5/55v

議論の。Hasselblad X2D 100C

HASSELBLAD X2D 100C XCD 2,5/55v

ハッセルでスナップが
これほど楽しいとは!

例の議論のある花を
フェンス越しに。
見た目は綺麗なんですけどね〜。

しつこいけど、
Hasselblad X2D 100Cは最高です。
そして、
Hasselblad XCD 55mm F2.5 Vとの
組み合わせが、本当に良いのです。

日常の中で、ぶらぶら歩いてて、
住宅街や線路沿いに咲く花を
撮るのが好きなんですけど。
そういう時にも、
ハッセルは意外にもぴったりだった。