ロッテとロッチ

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

この花、サザンカ? それとも椿?

歩いていたら、子供から「このお花なに?」と聞かれた。

「椿でしょう〜」と自信満々に答えつつも、念のため花の名前がわかるアプリ「ハナノナ」をかざしてみると表示は「サザンカ」とのこと笑。

あれ?と思って、ググったら、両者は似ていて区別がつきにくい花とのこと。ロッテとロッチみたいな…違うか。

サザンカって演歌の歌詞で聞いたことあるなあくらいの認識しかなくて、もしかしたら、今までの自分の人生で目にしたサザンカを全て椿扱いしていたのかもしれない。

このブログや以前のブログで「花を撮影するのは好きだけど花の名前はほとんど知らない」と何度も言い訳をしてきた。梅と桜を間違えたこともあるほどに笑。

その解決法として「ハナノナ」をインストールしてあるんだけど、毎度、ハナノナに頼っちゃうから、結局、覚えないね笑。

それにしてもNIKON Z6IIは素晴らしいですね!

多くの方々も同趣旨のことをおっしゃってるけど、Zシリーズが登場して、最初にネットの写真で見たときには、どちらかというと、微妙かも…って思ったんですよね。でも、実際手にしてみると、これが、いいんだよなあ。

あと、フィルムシミュレーションとか、ピクチャーコントロール的なのは、NIKONは弱いというか、やる気があまり感じられないけど笑、そこも関係なくなるほど、いい。久しぶりにRAWで撮影してて、しかも、現像は細かい部分だけ。でも、その現像も楽しいのだ。

座って入ろう

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

看板の質感、立体感がいい……。
NIKON Z6II、まだ30分ほどしか触ってないけど、素晴らしい。気のせいかもしれないけどLeicaM10-Pに似ているような。透明感と立体感が。

そして、二つほど、申し訳ございません!

一つ目はレンズが「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」が正しいのに昨日の投稿のタグが「1.2」になっていました笑!「1.2」欲しいですが、サイズ的にも予算的にも無理です笑。

もしかしたら、見栄をはりたいという潜在意識か、あるいは、いつか欲しいという願望が、そうさせたのかも笑。タグ、修正しました。正確に表現しますと購入したのは、

NIKON Z6II
NIKKOR Z 50mm f/1.8 S


です(今のところ)。

二つ目の「申し訳ございません」ですが、昨晩、ブログにコメントができなかったようで!よりコメントしていただきやすくするために、WordPressの設定を変えてWP会員はそのままコメントできるように設定した…つもりだったのが、一切、コメントできなかったようでして。大変失礼しました!現在は元に戻っております!ぜひぜひ、今後もコメントよろしくお願いします!

相対性理論

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

この質感、よだれがでそう笑。
なんだろ…自分でもうまくいえないけど…。ガラス越しのCHAIってあたりが。若干、打ちのめされそうなくらいの。いつもどおり、言語でうまく表現できないんですけど笑。ただ単に、チャイを飲み物として好きなだけかもですが笑。

というわけで、NIKON Z6IIを購入しました!
決め手は「クリアー」「透明感」「そこにある感」とか、そんな感じです!でも、最大の理由は「Zマウントが欲しい!」でした。口径の大きさとか、フランジバックとか、スペック的な魅力以上に、拝見してるブログの方々がみなさんZマウントを手にしているので…。

仕事がテンパり気味だけど、子供のお迎えの時間に近所を撮影。「相対性理論」を聴きながら、秒速で現像した笑。

そ〜んなやつ、やめCHAIな♪

続きは明日に笑!