モノクロームに封じる

Leica Q2 Monochrome


ついにゲットしてしまった・・・。Leica Q2 Monochromeを!ずっと欲しかったんだ。モノクローム専用機は、LeicaM Monochrom(typ246)以来、2機種目。

とりあえず手にして数時間なので、そういう時の被写体としてはお決まりの、我が家の最高にかわいい猫、めいちゃんです笑。モノクロームに封じ込めためいちゃんは、どこか気だるく、まどろんでるような感じだった。だから現像もちょっと、その雰囲気に寄せてみた。

「モノクロームに封じ込めた」というのは、EGO-WRAPPIN’の歌詞の一節にもあるけど、ほんとに、そんな感じ。自分は、映画やドラマが好きだけど、現代の映画やドラマでのモノクロームの表現って、それ自体に意味があるというか。魔法で封じ込めたような感じがあるんだよな。

だから、Q2Mが届いて、電子ファインダーを覗いた瞬間に、特別な気分になれた。撮影して仕上がる写真の良し悪しを待つ前に、ファインダー覗いた時点で、気分がかなり上がるカメラ。

もちろん、他のミラーレスでもモノクロに設定すれば、同じことかもしれないんだけど。でも、ここからが重要で笑、貧乏性の私は、「モノクロームでしか撮れない」というカメラではなくて「モノクロームでも撮れる」というカメラだと、「とりあえずカラーで撮っておこう」って発想に、98%くらいの確率で陥るのだ笑。だから、以前、LeicaM Monochrom(typ246)を所有していた時は、その魔法で封じ込められた感覚が楽しかった。「そんな理由で高いカネ払ってLeicaを買うのか」なんて意見は無視します笑。

しばらくは、モノクロームでの写真のアップが続くかもしれません!