ストライカーの孤独

NIKON Z6II NIKKOR Z 50mm f/1.8 S


10番を背負うことの孤独。

 ところで、今、カメラとレンズはZ6IIと50mm f/1.8のセットのみが自宅にある。そこで28mmと35mmの画角も欲しいと思っているけど、ここが迷うところ。NIKON Z6IIが超絶すばらしいので、このカメラを基本に据える。しかし、じゃあ28mmも35mmもZマウントにしようとは思ってなくて、画角ごとに違う規格やメーカーを楽しみたいと思っている。
 となると、これで購入が3度目となるGRIIIにするか、無理してQ2系にするか。あるいは、超無理してハッセルブラッド907x50cか。それとも、GFX系にするか…。

「悩んでいる時が一番楽しいかも」って、100回くらいブログに書いてきたような気がするけど、じゃあ、「それなら、買わなければ、ずっと楽しめていいじゃん」と、突っ込まれると、それは違うんだな笑。



ディスカッションに参加

3件のコメント

  1. 悩ましいですね〜。
    結果が気になります。
    私もハッセルのX1D II 50C に小型レンズのXCD 4/45Pなら小さくてアリだなぁなんて妄想していました。
    私の場合妄想だけですが。笑

    1. Climb Techさん

      そうなんですよね〜笑。

      やっぱり、スタイルの異形さで、907xは惹かれるんですけど、EVFもないですしあと、さっとググっただけでも、3人の方が、外れて落下しているので、そこもまた心配ではあります。(買ってもいないのに勝手に妄想)

      なので、私も同じく
      「ハッセルのX1D II 50C に小型レンズのXCD 4/45Pなら小さくてアリ」
      と思っています笑。

      軽さを求めてGRIIIにするか、
      結局、何も買わないという結果もありえますね〜。

      1. でも、形の異形さ以外にも、一つだけメリットがあって、907x50cのほうが、X1Dより軽いんですよね〜。

        いや〜、困った、困った笑。

        妄想が一番楽しいですね笑。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA