脱出を待つ

FUJIFILM X70


英国諜報員が活躍してそうな海上施設。あるいは映画「テネット」の世界観。諜報員の脱出を待つシチュエーションか。テネットは賛否両論あるけど、私は大好きだった。

映画は詳しくはないけど大好きで、一瞬だけ映画のブログも立ち上げてみたこともあるのだ笑。今度、こっちのブログに統合するかな…。

今週は、すごく忙しいと言うわけじゃなかったけど、先週からの体調不良をやや引きずりつつの、業務進行で、ちょっと疲れた。一方で、仕事の面では、けっこう、いいことがあった。嬉しい数字達成。だから、今日は、早々と、スパークリングワインを飲んだのだった笑。コンビニで販売されてる安物だけど。

写真は4年くらい前に、FUJIFILM X70で撮影したもの。知り合いの知り合いが、庶民の私を、クルーザーに乗せてくれた。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA